なぜオリゴ糖が良いの?

便秘の原因は腸内細菌にあることが分かっています。善玉菌と悪玉菌という言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、簡単に言うと、これらの腸内細菌の割合によって便秘が起こるとされています。もう少しだけ具体的に言うと、善玉菌の量が悪玉菌の量よりも少ないときに便が腸内に溜まってしまい、排出されにくくなり、いわゆる便秘の状態へとつながります。つまり便秘を解消させるためには両者の量を上手に調節させていく必要があり、善玉菌を増やしていく必要があるわけです。

次に日和見菌についてです。日和見菌は善悪ではなく、どちらにも成り得る菌を意味します。日和見菌が悪い方向に成長すると悪玉菌に、よい方向に成長すると善玉菌になることが分かっており、この日和見菌の成長を良い方向へと導いてあげることで善玉菌を増やすことが可能です。オリゴ糖は腸内細菌のエサになる成分を含んでおり、日和見菌を善玉菌へと成長させるためのエサに成り得ます。善玉菌が増えて悪玉菌の量よりも多くなれば、便秘は改善されるわけですので、つまりオリゴ糖は便秘を改善させる効果が期待できるというわけです。食物繊維などの場合は直接的に排便を促す効果が期待できるのに対して、オリゴ糖は間接的に関係していることが分かります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket